高級賃貸マンションについて

高級マンションと一口にいってもその内容はじつにさまざまです。なかには同じブランド名のもとにいろいろな場所で展開している人気シリーズも数多くあります。そういった物件は不動産会社の人気商品となっていて、景気にかかわらず売れ行きも良いようです。

高級マンションの目安として、新築ならば8,000万円以上、中古であれば坪単価300万円以上で取引されているもの、というのがひとつの目安になっています。ただしこの価格帯にあるからといって必ずしも高級マンションではありません。
あくまでも目安としての価格帯と考えるとよいでしょう。

高級マンションのブランドといえば、三井不動産が企画するパークマンション、パークコート、パークタワーシリーズ、住友不動産が企画するシティタワー、シティハウスシリーズ、東京建物のブリリアシリーズ、野村不動産のプラウドシリーズなどがあげられます。
それぞれのコンセプトがあり、常に先進の設備とクオリティを提供することで高い人気を誇っているものばかりです。

高級マンションの中でもさらに特別なロケーションにあり、外観デザイン、設備仕様、プラン等、ひときわハイクラスなものをプレミアムマンションといいます。そこに住むことはステイタスの証しとされ、たくさんの人の憧れになっているようなマンションのことです。郊外エリアでも価格だけはプレミアムマンションなみの高級マンションもありますが、麻布・広尾・青山などのブランドエリアに存在し、なおかつそのエリアのシンボルにさえなっているようなマンションでなければプレミアムマンションの名に値しないのです。

また、いくら築年数を重ねてもいっこうに資産価値が下がらないマンションもあります。このようなものを最近ではヴィンテージマンションと呼びますが、これも高級マンションの一種といえます。そのようなものにはバブル期に建築されたものや、それ以前のものも存在します。
千代田区一番町にある「ホーマットオリエント」などホーマットシリーズがその代表的なものです。
このようなヴィンテージマンションの特徴としては立地が良いためその資産価値が落ちないということ、また内装についてはリフォームを繰り返すことで、居住者の快適性を保つことが条件です。
このようなを条件が揃ったヴィンテージマンションは、長い年月を経てもいっこうに魅力が衰えることもありません。
マンションのブランド名というのは資産価値をも決定する非常に重要なファクターなのです。

ところで、現在の高級賃貸マンションシリーズの代表的なブランドにはどのようなものがあるのでしょうか。
たとえば森ビル「MORIリビング」は、都心の再開発を手がけてきた森ビルならではの東京での生活を最大限に享受できるような工夫が満載の高級マンションです。一方、野村不動産グループ「プラウドフラット」は24時間緊急トラブルに対応する「チビングQコール」などのサービスのある安心・安全を重視しています。

東京建物 「アパートメンツ」はスタイリッシュなデザインやキッチンの使いやすさなどから、若者にとくに人気の高いシリーズになっています。三井不動産「パークアクシス」は賃貸専用の高級マンションシリーズ。自由な生き方を選択した人のためにハイグレード空間を提供しています。三菱地所「パークハビオ」はオンもオフも充実させたい人のための高級マンションです。都心のどこへ行くのにもアクセスの良いロケーションは一通りおさえてある感じですので、どこの物件をチョイスしても快適なアーバンライフを満喫できるでしょう。

住友不動産「ラ・トゥール」はホテルのような高品質のサービスとハイグレードな居住スペースが好評です。ホテル暮らしのセレブのような毎日も夢ではありません。東急不動産「コンフォリア」は洗練された快適な生活をクリエイトしています。

大和グループの「カスタリア」は住む人の感性を刺激する、心豊かな日常を提供しています。伊藤忠「レジディア」はプレジデントクラスの豪奢な設備とセキュリティで、ハイライフを実現しています。以上のように高級マンションはそのブランドによっても特色はさまざまです。自分の求めるスタイルに合致しているものを選ぶと良いのではないでしょうか。